Hiroaki’s tour diary (I -アイ-)

Following diary was posted on Hiroaki’s Facebook page!

I -アイ-

This tour , many staff always support the two of us anyway ,

And gave us all the care always .

And , fans overseas who gathered in each venue , greeted me with a warm heart really honest ,
Everything was full of really light , such a day it was different .

Performance first day France , Lou should .
With that said overseas for the first time , the air and the environment but also because it is dry
State of my throat was not so good .
However , boys and girls it was hot .
” France is amazing ! “
First impression was this .

The second day . Netherlands , The Hague .
My throat was back to normal .
Every morning , I have to paint the medicine of herbal tea and throat from this day .
It was thanks to a perfect staff who gave us support us always .
The Netherlands was a really great city .
To burn to the eye all the way fan ,
The sing dear think everyone anyway , it was a really great night .

The third day , Germany , Cologne .
Mobilization of this day only all woman!
And performance in Germany was really fun when there is a live feeling really .
Call -and-response , perfect!
Smile of the audience , was the best really .

Fourth day Belgium , Brussels .
Live in Belgium are strong impression in the most personally ,
It was live , such as the fate of the most live came as I-ai-.
I also Yuki Kimi They both ” stage . God dwells us this day , and have been fighting with their probably “
It was a stage that it may be said that it is .
I thought the two of us I heard the strongest and we’ll live like this day if possible always .

Fifth day . OFF
Do you was too tired , lol not remember .
But I drank a lot of alcohol . ^ ^

Sixth day . Shooting .

The seventh day . Shooting .

The eighth day . Luxembourg .
Equipment trouble sudden rehearsal that day .
I was fully spear in the direction of cutting the few songs as a result.
Although was live of this with something like a corner of the castle ,
It was really grateful thanks to the fans who came in the rain .

Day 9 , France Paris performances .
And that tour semi-final , several members of the staff both because it was farewell this day ,
Lacrimal gland of I was already loose from the production before .

And all of the fans who gathered when it begins production gave us the answer to our voice and the best smile .
Paris performances , was hot anyway !
Cheers also increases gradually
Fans who go to visit many times even residence ,
It was a cry for joy all really .
Tears were full of me in the “I” AWAKE and Christian Rose , of late .
Paris , was a good really great live .

With a light launch live ends at midnight
And I went the last stage , to Sweden in the early morning plane .

Day 10 , Stockholm, Sweden
Venue of last arrived not a time to rest .
Sweden where the last landed in harsh schedule .
Temperature also became a midwinter at a stretch in this case .

Fans very warm heart was greeted again .
Heart is really warm smile and , full of really
I was clenching the kindness of many people mentioned in this tour .
Leaving the promise of one .
” I will be back ☆!! Promise!! “

I finished the performance of all , was launched in the city of Sweden the next day and that night .

I met with many memories , with a lot of people in each country ,
I- ai – view of the future as also spread really .

I was confident and felt in all circumstances of this time in particular .
And I have a really destiny in this world .

To be continued …

And in Japanese:

今回のツアーで、とにかく多くのスタッフが僕ら二人を常に支えて、
そして常に全てをケアしてくれた。

そして、各会場に集まってくれた海外のファンは、本当に素直で暖かい心で迎えてくれて、
本当に全てが光に満ちた、そんな日々でした。

初日 フランス、ルーべ公演。
初の海外ということで、環境的にも空気も乾燥しているので
俺の喉の状態はあまり良くなかった。
しかし、男の子も女の子も熱かった。
「フランス、凄いよ!」
第一印象はこれでした。

二日目。オランダ 、デンハーグ。
僕の喉は通常に戻った。
この日から毎朝、ハーブ茶と喉の薬を塗るようにした。
完璧なスタッフ達が常に僕らをサポートしてくれたおかげでした。
そしてオランダは本当に素晴らしい街でした。
ファンの子達をずっと目に焼き付けるように、
とにかく全員を愛しく思い歌えて、本当に素晴らしい夜でした。

三日目、ドイツ、ケルン。
この日の動員は全員女性のみ!
そしてドイツでの公演は本当にライヴ感があって本当に楽しかった。
コール&レスポンス、バッチリ!
オーディエンスの笑顔、本当に最高でした。

四日目 ベルギー、ブリュッセル。
個人的にベルギーでのライヴはもっとも印象に強くて、
I-ai-としてやってきたライヴの中で最も神憑りのようなライヴでした。
俺もユウキ君も二人とも「この日の俺たちは多分自分たちとの戦っていて、そして神が宿ったステージ。」
と言えるステージでした。
いつも この日のようなライヴが出来れば俺ら最強なんだって二人で思いました。

五日目。OFF
疲れすぎていたのか、記憶がない笑。
でも酒を沢山のみました。^^

六日目。撮影。

七日目。撮影。

八日目。ルクセンブルク。
この日はリハーサルで突然の機材トラブル。
結果的に数曲をカットする方向でやりきった。
お城の一角みたいなところでのライヴでしたが、
雨の中来てくれたファンに本当に感謝感謝でした。

九日目、フランス パリ公演。
ツアーセミファイナルということと、この日で数人のスタッフともお別れだったので、
本番前から俺の涙腺はもう緩んでいた。

そして本番が始まったら集まってくれたファンの皆は最高の笑顔と声で僕らに答えてくれた。
パリ公演、とにかく熱かった!
徐々に歓声も大きくなるにつれて
何度も足を運んでくれたファンの子も居て、
本当に全部嬉しくて泣きそうでした。
終盤のクリスチャンローズ、そして”I”AWAKE では俺は涙が溢れていました。
パリ、本当に凄い良いライヴでした。

深夜にライヴが終わり軽い打ち上げをして
そして早朝飛行機で最後のステージ、スウェーデンへと向かった。

十日目、スウェーデン ストックホルム
休む暇ななく辿り着いた最後の会場。
過酷なスケジュールで降り立った最後の場所スウェーデン。
ここでは気温も一気に真冬となった。

ここでもとても心の暖かいファンたちが出迎えてくれた。
本当に笑顔が溢れて、そして本当に心が温かくて
僕はこのツアーで触れた多くの人の優しさを噛み締めていた。
ひとつの約束を残して。
「I will be back☆!! Promise!!」

全ての公演を終え、その日の夜と翌日はスウェーデンの街で打ち上げした。

各国で多くの思い出と、多くの人々と出会い、
I-アイ-としての未来の視野も本当に広がった。

特に今回僕は全ての境遇に感じ、そして確信しました。
この世には運命は本当にあるんだと。

続く・・・。

I -アイ-

template more band

I -ai- (I -アイ-)

Formed: 2011
Pronunciation: Like the English “I” or “eye”.

template official homepage
template official facebook
template official twitter
template official youtube
template official itunes

Vocal & piano:
Hiroaki Nakashima (中島弘章)
HIROAKI NAKASHIMA (I -アイ)
template-cakeDec 29th 1978
template-bloodO
template_twittertemplate_facebooktemplate_instagramtemplate_twittertemplate_facebook
Guitar & violin:
Yuki Aneyoshi (姉吉祐樹)
YUKI ANEYOSHI (I -アイ)
template-cakeMay 22nd 1981
template-bloodA
template_twittertemplate_facebooktemplate_instagram

Member History

Support members:

  • Dr. Akira Uehara I -ai-(support)
  • Chorus Shizuno Yonemoto I -ai-(support)

template more band

Leave a Reply

Untitled-3icon_fbicon_twi   TICKET JAPAAAN RAREZHUT
Doukoku  

If you find any inaccurate information in this blog, please help me correct it by adding a comment. <3

Follow Blog via Email

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Click an type to find